FC2ブログ
2020
06.01

LuiとLuu

Category: 動物たち
4/29に新しい子達が我が家にやって来ました



双子の兄弟、Lui(ルイ)とLuu(ルウ)です♪

亡くなったDinoとLuluからそれぞれ名付けようと思っていましたが、
Diから始まる名前でコレッ!っていうのがなかなか思いつかず…
辿り着いたのがLuiとLuuでした。

二人合わせてLulu Boys(笑)


Tentenは今年9歳、
Lalaは推定10歳、
二人ともまだまだ元気ですが、いつ何が起こってもおかしくない年齢に達しているので怖くなってしまいました
モモズの居ない生活なんて考えられず…


そして、どうせお迎えするならstay homeと言われている今のうちが良いかもと。



細身でキリッとしたお顔がLui、
丸顔で可愛い系のお顔がLuu。


Luuは形成不全で睾丸が未発達であったり、手指の爪が何本か生えていません。

Luiも一見健康体ですが、やはり爪がきちんと生えていない指が何本かあります。


徐々に馴れてくれていますが、ビビリなこの兄弟。



どんな風に成長してくれるのか楽しみです


スポンサーサイト



Comment:0
2020
05.11

位牌

Category: 動物たち
我が家にはLuluとDinoの骨壺があります。
(これらはいずれどうするか決めなきゃならないのだけど…)

写真はたくさん飾ってあるので、遺影は要らないし、
位牌も必要ないかなと思っていたのですが…


Luluの四十九日を迎える前に、実家に帰省した時、位牌欲しいな…と思いました。
その時は羊毛フィエルトのマスコットで代用しました


そして作っていただいたLuluの位牌


…素敵
クリスタルにレーザーで彫ってあるのです


ということで、
今回もDinoの位牌をすぐ発注。



桜が満開の時期に亡くなったので、
Dinoのお花は桜にしました

明日、Dinoの四十九日を迎えます。


Comment:2
2020
05.11

Dino永眠

Category: 動物たち
長男Dinoが3/24の夜、私の手の中で永眠しました。


12歳半くらい。
長生きしてくれました。


年末年始を越せないかもと心配していたものの、
なんとなく食べ続け、体重も大幅に減ることもなく、
ヨタヨタしながらも抱っこ抱っこと、ポーチから自力で出てきていました。

私が朝起きれば、
待っていたかのように出てきて、
朝ご飯やお化粧している間、ずっと膝の上。

仕事から帰宅しても、
待っていたかのように出てきて、
夕飯やテレビを見てまったりする間、ずっと膝の上。

晩年は何をするではなく、私の膝の上で眠り、
起こそうとしても起きないくらい爆睡していました。




時折、視点が定まらないような目の濁り、
死の前日には体温が冷たく感じられて、
あぁ、もうすぐかもと予感はありました。

仕事を終えて帰宅したらホイールの下でうつ伏せで硬直していて、
いつもの布に包んで抱っこをすると、
呼吸がかなりゆっくりになっていました。

意識はあったみたいですが、だんだんとゆっくりな呼吸と荒い呼吸を繰り返すようになり、
1時間後にはキューッと丸まって、そのまま停止しました。


新型コロナで自粛生活が続いていましたが、
不幸中の幸いとはこのことか…
いつもよりも長く一緒に居る時間が作れたこと。
最期を看取ることができたこと。



亡くなる1ヶ月前のDino


亡くなる前日のDino


私が一人暮らしをしてからの家族第一号。
Dinoが居たからこそ、LuluやTenten、Lalaに繋がっています。
今はその姿はここには無いけれど、大きな存在であることに変わりはないでしょう。

Comment:0
2020
01.04

新年

Category: ブログ
昨年はLuluがお星様になり、
私にとっては一人暮らしをして初めての死を経験しました。
生きるものとはいつか別れの時が来ると分かっていても、
やはりその時は辛く、悲しく、寂しく…
それでも受け入れなければならないものとLuluから教えられた年でありました。


そしてDinoもガクンと食欲が落ちて年越しはできないかもと心配をしましたが、
一緒に新年を迎えることができました。


画像の右上から時計回りに…
Lulu
Tenten
カイ
パル

カロナ
Lala
Dino


みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します
Comment:0
2019
09.17

パルちゃん

Category: 動物たち
実家ではmimiさん(Mダックス)がお星様になってから…
祖母、父、母、みんなペットロス状態で、
特に一番一緒に居た母のロスが酷く、
毎朝車で30分かけてお墓参りに行き、
思い出しては泣き…という状態でした

新しい子をお迎えすることをオススメしても、
mimiさん以上の子はいないだとか、
また20年近く生きるものには責任が持てないだとか、
まぁ、なんだかんだと受け入れてもらえず…

本当は心と体のためにも何か飼って欲しかったのですが、
こりゃ無理だと放置していたわけですが…


そのうち犬が居なくなって話す機会が激減した父が声を出せなくなってしまい、
行き着いたところが…





飼ってしまいました…オカメインコ(笑)

オトナの羽毛に生え変わり途中なのでブサイクですが(笑)

寿命15年くらいだと思っていたそうで…
飼ってから、20年以上生きると知ったと
しかし、調べたら30年近く生きる子もいるそうで


まだ幼鳥のせいか人見知りもせず、
人と見れば頭カキカキマシーンだと思っているのか



「カキカキするが良い…」



まーーーーったく遠慮無し。
エンドレス・カキカキ(笑)


お名前はパール君。
言いにくいので略称パル君(きっと♂)

実家のお鳥様、たまに登場すると思います(笑)

Comment:0
back-to-top