2016
02.11

その後のLalaさん

Category: 動物たち

「あたち、まだ許してないでしゅよ

呼ばれたらギャスギャス
ポーチの中を覗けばギャスギャス
ごはんの時以外は引き籠もり…

…どうやら私に酷いことされたと根に持っているらしい


とりあえず誰も使っていなかったポーチ、
激おこぷんぷん丸な割に、気に入ってそうなんですが…

スポンサーサイト
Comment:0
2016
02.08

紐による事故

Category: 動物たち
紐は危ないと気をつけていました。

いろいろな種類の動物達が、
紐で遊んでいるうちに絡まったり引っ掛ったりして、
身体の一部を失くしたり、死んでしまったり
…を、何度も見たことがあるから。
誰よりもとても気をつけていた自信はありました。

それでも起こってしまいました…


朝、Lalaの爪切りをしてから、出勤しようとふと見ると、
Lalaが不自然にポーチから出てケージに張り付いており…
Lalaが動くとポーチも動く…
切ったばかりなのに爪が引っ掛っているのかな?とケージに手を入れて見ると…

紐が首に絡まっている!!

もう、心臓止まるかと思いました。
少なくとも、Lalaを救出する間、呼吸は止まっていた。

変にLalaを動かしたら、首が締まってしまう
Lalaとポーチを一緒に、角度を変えないよう両手でケージから出すと、
やっぱり紐が首に

ハサミで見えていた紐を切ったら、すぐにLalaさん解放されました。
不幸中の幸い、
紐は1本だけで絡まってはいなかったようです。


その後、怒り冷めやらずのLalaさん、
ずっとギャスギャス怒っていました


ちらっと出ている細い紐。
これだけで十分危険…
自分で囓って開けた穴から出ようとして、
この紐が首にくるっと巻きついたもよう…


中を見たら、結構紐がたくさん出ていました
即廃棄


我が家では一番馴れていない子だけど、
一番出せ出せアピールすごいし、
マジ噛み&体当たり攻撃から、今の関係を築けた労力があるせいか、
他の子同然に可愛い子。
大したこと無くて、安心と同時に脱力しちゃったのでした…

もし、これで何か起こっていたら、
それは「事故」とは言いたくないのです。
言葉の意味としては「事故」で間違いは無いのですが…

「自分の不注意で殺してしまった」

これが本当だと思うのです。

ほんのちょっとの不注意でも、取り返しのつかないことになりかねない。
絶対大丈夫なんてことはありえない。
注意しすぎるくらいでも、危険を排除することはできない。

気を引き締めなければと思った朝でした…
Comment:0
back-to-top